« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.25

メリークリスマス☆

20051225Christmas

クリスマス、海外に引っ越した友人からこんなにかわいらしいカードが届きました。
なんか、うれしくなってしまいました。
元気そうで何より。
かわいいカードを飾って、ローストチキンとクリスマスカラーに見立てたスープ、ワインで乾杯。

もちろん、BGVはプレゼントに買ってもらったモルディブのDVD。
11/26の日記に書いたやつです。amazon.comから購入しました♪
波の音と青い南の海の映像は・・・季節外れな感じだけど(汗)

今年も幸せに過ごせたことに感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.20

ゴマすり器を買いました

20051220goma5「ごま當たり器」なる品を購入しました。
ごまをする道具なのですが。ゴマ擦りの「すり」は縁起が悪い(泥棒さんの「スリ」というよりは使い果たすの「する」の意味と思われる)言葉と言うことで「当たる」で「ごまをあたる」と言い換えるらしいです。
←木製のこんな感じ。

これ、母が知人から「高いけど一生モノだからぜったいお勧め」と強く勧められて半信半疑で購入したものを、ちょっと見せてもらって、一目ぼれしてYUMIZOも買ってしまったという一品なのです。
埼玉県川越市の「そうび木のアトリエ」という木工屋さんが作っている木製擦り器シリーズで、なんと4200円もします。
20051220goma2一般的にゴマすり器といったらこんな感じ→で、プラスチック製の、ハンドルをぐるぐる回すモノで、正直、100円ショップでも売っています。
ですが、なんか目詰まりしてしまったり、均一にはすれていなくて、結構粒が残ってしまったり。といって、すり鉢でするのは面倒だし、すり鉢のミゾにゴマがいっぱい詰まってしまって、フォークでこそげ取るんだけどうまく取り出せなくてイライラしたり・・・・。
しかし、今回買った、この、ゴマすり器、そんな従来のゴマすり器とは全然ちがうんです。

20051220goma6
ふたに、こんな先が球状になった棒がささっていて、ふたを開けると中は丸くくりぬかれた、器状態です。
そこに大さじ1~2杯のゴマを入れてふたをして棒をぐりぐりすること10~20秒ほど。
始め、ゴマがつぶれるプチプチ音がしているのですが、その音がしなくなってふたを外すとキレイに細かくすれています。長めにまわすと油が出てきてしっとり加減にも。
簡単です。器は丸いので、ゴマが中にこびりつくこともなく、全部が簡単に取り出せます。
オマケに、木が傷まないようにということで水洗い禁止=洗う必要なし。お手入れは乾いたふきんかティッシュで軽く拭くのみ。なんて楽ちんなんでしょう! 使うほどにゴマの油が木に染みていい風合いになっていくみたいです。ちなみに、水洗い不可なので、ゴマすり器はゴマ専用です。
他の物と共用しちゃダメです。

これは4200円の価値あり! すぐ壊れてしまう電動ゴマすり器に比べて、大事に使えばほんと長持ちしそうだし。
ということで、すっかり病み付きになってしまいました。ゴマって体にいいので、胡麻和えなどの定番以外にも、サラダや味噌汁にトッピングしたりといろいろ使えます。
20051220goma4すっかり気に入ったYUMIZO&YUMIZO母、いろんな知人・友人にプレゼントすべく、いくつも注文してしまいました(笑)
パッケージもこんなにかわいいので、プレゼントにいい感じ。

・・・と、ここまではべた褒め。
ネットで検索してもゴマあたり器を購入した人はみんな「高かったけどいい買い物をした」って書いているんですよ。で、YUMIZO、前からコーヒーミルを買いたかったので「ゴマすり器がこんなにいい品だからきっと、この『うっでぃみる』もすごいに違いない! と、約9000円のコーヒー擦り器も買ってみることにしました。
正直、カケでした。ネットでもだれもこれを買った人の話は出てこなくって。
「そうび木のアトリエ」のホームページには「45秒で珈琲豆をおいしく挽き出す擦り器」と書いてあって、それでも心配だったので、「ホントに45秒でOKなんですか?」って確認してみたら「浅煎りの豆だと、上からたたいてつぶしてからまわしてすらないとなので、もう少し時間がかかりますが、深煎りの豆なら大丈夫です」という答え。
う~ん・・・ココはひとつ、ゴマすり器で味わった威力を信じて、YUMIZOが人柱になってみるか。
で、届いたのが上の写真でオレンジ色の帯が巻かれた、背の高い方のパッケージ。
20051220goma1包みを開けると、ゴマすり器と構造はほとんど同じ。外&ふたの形が少し違うのと、棒の長さが長いくらいで、使い方は全く一緒。
この中にコーヒー豆を入れてまわすわけですが、「深煎り」がいいということなので「中深煎り豆」というのを買ってきました。2杯分いれて、ふたをして、しばらくつぶしてからガリガリまわす・・・・。
・・・・ガリガリ? 45秒?ふたを開けてみたけれどまだまだ全然、コーヒーを入れるには程遠い感じ。
さらにガリガリガリガリ・・・・。2分、3分、5分・・・・・。コーヒー豆のいい香りは確かに漂ってきたけど。
つ。。。疲れた!
親指の付け根が腱鞘炎になりそう。飽きたので、また粒は大きいけど、あきらめてコーヒーを入れてみることにしちゃいました。お湯を注いで・・・。う、薄! やはり挽きが足りなかったようです(涙)
その後、何度かためしているうちに、2杯分のコーヒーを作るとしたら4~5回に分けて擦り器に入れるぐらいで、挽くとまあなんとかお店で挽いてもらったような細かさのコーヒーになることが判明。でも45秒には程遠すぎます。
10分ぐらいかかってしまう。疲れるのでダンナさまと2人がかりで交代交代。
・・・これは、もしや・・・・買い物、失敗???

20051220goma3

ゴマ擦りが非常によい品だっただけに、コーヒー挽きは残念でなりません。ちょっと豆を挽くのは厳しいみたい。
電動コーヒーミルの方がよかったな(泣) 高かったのに。。。。。 
痛い人柱でした。。。。
YUMIZOがネットで探したように、他の誰かがこのブログにたどり着いたら、うっでぃーみるを買おうと思っている人は、疲れるのを覚悟した方がよろしいかと(苦笑) よく考えてご判断ください。
(ゴマは疲れないです。プラスチックのゴマ擦りやすり鉢の方がよっぽど疲れる!)

というわけで、ゴマ擦り器は超オススメですが、うっでぃーみるは厳しいです。しんどすぎ。
お店にも感想をお伝えしておきました。45秒ってのはぜったい無理!
もうひとつ、シリーズにお茶の葉を挽く「あらまっ茶」ってのもあるみたいですが、これはどうなんだろう。
あんまり、お茶の葉を挽く用途ってないしなぁ・・・。
うっでぃーみる、コーヒーに使うのやめてお茶の葉専用に使っちゃおうかな・・・・・。ダメなのかな?と思ってみたりして・・・・。



◆   ◆   ◆   ◆   ◆

【後日追記】 2017年02月17日
この記事で、酷評してしまった「うっでぃみる」ですが、数年を経て、テリー様より、とてもいい情報のコメント書き込みを頂き、オプションをつけることで不便さが解消されることがわかりました。
追加アイテム「きゅーちゃん」について紹介した記事「「うっでぃみる」のその後」を現在、YUMIZOが運用している別の食べ物系ブログ「いちごキッチン」内に書きましたので、そちらも併せてご覧ください。
テリー様、そうび木のアトリエさま、ありがとうございました。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »