« 2011年4月 | トップページ | 2011年10月 »

2011.06.26

小笠原諸島が世界自然遺産に登録決定

先日、小笠原諸島が世界自然遺産に登録されることが決定し、前後してTVで何度も小笠原の様子が流されています。

幼いころからいつの日か、一度は行きたいと長い間思って来た、ルーツの島が、世界遺産登録されるなんて、思ってもみなかったことなので、驚いています。
戦前、祖父が生まれ、曽祖父や祖父母一家が暮らしていたという父島の扇浦。一家がサイパンへ移住する際、残してきた家には、木を植えてきて、きっと今頃大きくなっているはずだからその木で家が建てられるとかなんとか、そんな話を子供の頃、祖母が言っていたような。でも世界遺産に登録されるような珍しい動植物の宝庫だなんて話は聞いたことがなかったけどね。日々の暮らしで精いっぱいだったんだろうな。
サイパンで生まれ育った父は、戦後、日本本土への引き揚げ船から、島の姿を見た、と話していたような。
子供の頃、旧島民向けに送られてくる新聞を、「文章を読む練習」と称して父に朗読させられていたな・・・とか。

いくつかの、おぼろげな記憶。
もう、祖祖母も父も、そしてその兄弟の方々も、この世にはいないので聞くことはできないけれど、きっと、「いつか帰りたい」という郷愁が胸にあったはず。

それが、今、TVに映っている、あの南の島・・・・・。

たぶん、そういう思いの断片を聞いて育ったから、南の島へのあこがれが生まれ、YUMIZOはダイバーになったのだと思う。
何年か前、高速艇の就航が直前で幻に終わり、今も島に行くには週一便の船に26時間揺られなければたどり着かないという・・・。船酔いしやすいし、今は小さな子供がいるのでそう簡単に行くことはできないのだけど。

いつかきっと行きたい・・・帰りたいと、思っています。
小笠原の海へ、魚やイルカやクジラに会いに行けるといいな。
いつまでも、島が、美しいままでありますように!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.11

KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME

氷室京介のライブ「KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME "We Are Down But Never Give Up!!"」に行ってきました。20110611dome

震災の復興支援チャリティライブとして、ヒムロックが全編BOφWYの曲を歌う、という企画です。
当初、通常のソロの公演を予定されていたものだそうです。
震災からちょうど3か月の今日、黙祷から始まったライブでした。

7年前、いろいろ戸惑いもありながら「ヒムロックの声で生でBOφWYの曲は聞けるのは一生に一度かもしれない」と思って行った東京ドームでしたが、もう一度チャンスが来るとは思ってもみませんでした。
チケットの予約には30万件も殺到したのだそうで、運よく抽選に当選して行くことができました。
20110611ticket2階席の後ろから5列目だけど・・・ドームの天井が近かったけど(苦笑)、そんなこと全然気にしないぐらい、こぶしを振り上げ、踊りまくり、絶叫・熱唱してまいりました。
観客はやっぱり同世代な40代~30代後半?が多かったと思いますが、みんなで大合唱。熱いGIGでした。
「GIG」って単語、今や使って似合うのはヒムロックしかいないでしょう。50歳だなんて信じられないくらい、今も同じようにカッコよく、モニタスピーカーに片足を掛けて前のめりに歌う姿にパワーをいっぱいもらいました。

たぶんね、自分と同様、ヒムロックのソロだったら足を運ばなかっただろう観客が沢山いたと思う。
4年前の記事にも書いたけれど、ホントは、4人での姿を見たい・・・でも再結成するのは彼ららしくない・・・という気持ちが交錯してます。今回、ライブが公表されてから3人のコメントも報道されて、複雑な思いはさらに募りました。
例えば、アンコールでスペシャルゲストで出るとか?そんな期待のような願いのような思いを持ちつつ、でもやっぱりそれは違うでしょ、しないでしょ、しないのがBOφWYでしょ、と。きっと、そんな気持ちでいたのは自分だけじゃないと思う。
でも、そんな戸惑いを吹き飛ばして、ステキな時間を過ごしました。
ありがとう。

自分プレゼントなお出かけに協力してくれた家族にも感謝!

-----------------------------------------------
セットリストがORICON STYLEに上がっていたので転載させていただきます。

『KYOSUKE HIMURO GIG at TOKYO DOME “We Are Down But Never Give Up!!”』
1.DREAMIN’
2.RUNAWAY TRAIN
3.BLUE VACATION
4.ROUGE OF GRAY
5.TO THE HIGHWAY
6.BABY ACTION
7.JUSTY
8.WELCOME TO THE TWILIGHT
9.BAD FEELING
10.“16”
11.LONGER THAN FOREVER
12.MEMORY
13.B・E・L・I・E・V・E
14.季節が君だけを変える
15.B.BLUE
16.MARIONETTE
17.PLASTIC BOMB
18.DOWN TOWN SHUFFLE
19.BEAT SWEET
20.RENDEZ-VOUS
21.ONLY YOU
22.IMAGE DOWN

Encore
23.ON MY BEAT
24.HONKY TONKY CRAZY
25.NO.NEW YORK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年10月 »