2005.02.12

シュノーケルを買い替えた

寒いので、ダイビングに行っていません。
うーん。ドライスーツでがんばりたいんだけどな。
根性なしです(泣)

というわけで、先日、プールでスキンダイビング講習を受けて以来、素潜り練習中です。
近くのスポーツクラブのダイビングプールで週末、自己練。

で、久しぶりにダイビングスクール(スクーバミュージアム横浜)のプールに行ってきました。
目的は、YUMIZOよりも、ダンナさまのダイビングリフレッシュ講習なんだけど。ダンナさまが講習を受けている間、スキンダイビングの自己練習です。

なんでダンナさまが講習を受けることになったかと言うと・・・・来月、二人でサイパンに結婚1周年記念旅行をすることになりました。やった~☆
本当は、YUMIZOが5kg痩せる約束を果たすまで、ダンナさまは一緒に潜ってくれないと言っていたのですが、いろいろあって、結果的に、一緒に潜ってくれることに!!! ・・・まだあと3週間あるから1kgでもいいから痩せる努力は続けなくちゃね。
で、おととし10月のモルディブ旅行以来、潜っていないダンナさまとしては、ダイビングに不安があるということで、PADIのスクーバリビューという、プールでのリフレッシュと学科テストの再確認をするコースを受けることになったのでした。

スキンダイビング練習中、さあ呼吸を整えて、ジャックナイフで潜行するぞ! と力を入れた瞬間に口の中でグニャッという違和感が。あれ? シュノーケルが・・・・そう、これはこの間同じようなことが・・・・。
シュノーケルのマウスピースが千切れてしまいました。昨年、ダイビング中にレギュレーターのマウスピースが千切れるアクシデントがあったおですが、それに続いて、またもや。
む~~~、意気消沈。
まあ、マウスピースのくわえる部分は消耗品みたいなもの。何年も使っていればガタもくるよね、と思い、部分交換で何とかなるかなと~と買いに言ってみました。
お店に並ぶ最新型のシュノーケル達をみていて気づいたこと・・・・。YUMIZOのと形がビミョーに違う。。。。。
店員さんに調べてもらったけれど、結局、YUMIZOの持っているシュノーケルは古すぎて部品の取り寄せもできないらしい。考えてみれば、オープンウォーターを取って以来、8年。その間ダイビング58本。他にシュノーケリングにも使っているから・・・ホント、たくさんの海を共にしてきた相棒でしたが、ついに寿命が来たようです。
残念ですが・・・。
と言うわけで、新品のシュノーケルに買い換えました。
ジャーン! ↓
20050215snorkel
なんと、「ドライシュノーケル」というのだそうで、最近のモノは多少の波がかぶっても水が入りにくいし、筒の中の水は排水しやすい構造になっているのだとか。進化しているんですね。
ちなみにマスクは8年前のモノをそのまま続行。こちらももうすぐストラップがだめになるんじゃないかと言う予感をひそかに抱いているのですけどね(泣)
なんにしても、ダイビング中に突然壊れると言う事態が避けられたのでよしということにしましょう。
新しい相棒を得て、来月は再びサイパンに帰ります☆
(↑YUMIZOの中ではサイパン旅行=田舎に帰省する感覚。)

8年。ダイビング始めてからもう8年も経つんですね。途中、数年のブランクはありましたが。
機材も徐々に痛んできました。メンテナンスしっかりやって大事に使いたいな。
でも今回のように交換部品が入手不可能になっちゃうとアウトですね。
スクールのイントラさんに「ダイビングは長く続けられるスポーツです。最近は50代・60代のシニアの人も増えてきたし。ということはまだあと、30年やれるんですよ。」って言われました。
確かに、歳を取ってお金に余裕ができて、リゾートに旅行してダイビングして・・・っていうのができたらいいなーと思います。そうなれるよう、一生懸命働いてお金稼いで、体も健康を保って、がんばりたいな。
今、YUMIZOの手元にある機材、その頃はさすがにもう使えなくなってしまっているかもしれないけれど、でも、30年後のダイビングも大切な相棒・バディだけは今と変わらずダンナさまなのだ☆
つーか・・・まだ、ダンナさまとは4本しか潜ってません。これから一緒にたくさんの海を経験したいな~。
お金、かかる趣味だし、生活に追われてそれどころじゃないかもしれないけど、今度行くサイパンのように、たまにはご褒美で南の島に行きたい!
がんばるぞ~~~~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.03

ダイエット☆

正月以降、体重が増え気味なので一念発起でプールに通い始めました。
この寒いのに! しかも回数券を買っちゃった。(↓画像)
これは頑張って通ってダイエット励まないとね☆


kuhdvc00009_i.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)