2008.09.21

しながわ水族館に行きました

最近、すっかりケーキ&料理ブログと化していましたが、久々に「海」っぽいネタです。
といってもまだまだ1歳児がいるのでダイビングには行かれず。子供を連れて「しながわ水族館」に行ってきました。

YUMIZOが好きな水槽はやっぱりサンゴ礁の広がる南の海をテーマにしたコーナー。

20080921shinagawasuizokukan

ハタタテダイ、ナンヨウハギ、ミスジリュウキュウスズメダイ、ハナゴイ等々・・・。はぁ。癒されます。

そしてもう一箇所。

このフワフワと水中を漂う感じがたまらん! いつまで見ていても見飽きないです。
生まれ変わったらクラゲになって水中を漂いたい、と常々思っているのでした。

| | コメント (0)

2008.06.01

葛西臨海水族園

最近、ずっと食べ物ネタばっかりだったので、たまには魚でも(笑)

子供ができてからすっかりダイビングが遠のいてしまいましたが、今日は子供と一緒に葛西臨海水族園に言ってきました。

20080601kasaisealife
子供が一生懸命にマグロやカツオ・サメの回遊水槽を見上げている姿にうれしくなりました。いつか一緒に潜りに行きたいなぁ。
水族館よりももっともっと広い海で自由に泳ぐ魚たち。 その自然の中に溶け込む自分・・・そんな感動を子供にも味合わせてあげたい! ・・・自分ももう一度、味わいたい!
当面は水族館でガマン、ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.09.30

イルカとカメ

今日はサイパンでダイビングしました。
ポイントはナフタン、ディンプル、グロットの3箇所。
捻挫からの復帰一発目ダイビングなので、ちょっと心配でしたがなんとか楽しく潜れました。(若干足首が疲労気味・・・)

20050930dolphin
朝、ポイントに向かう途中のボートがイルカの群れに遭遇。
本当にたっくさんいました。近くに遠くに、イルカの背が見えます。
ボートのすぐ先端にもやってきてご挨拶。透明度のいいキレイなブルーの海にイルカの姿がくっきりと見えて大感動。
ガイドの方が「これ、オプション料金ね(笑)」なんて冗談言うくらい。

その他、ディンプルとグロットでカメに遭遇したし、とっても楽しめました。
今回はデジカメの動画モードでもいくつか撮影したので、後日、「水族館」ページにアップしますのでお楽しみに!
20050930kame

夕食はガラパンに最近できたチャモロ料理屋さん「クシナ」に行きました。
こちらもおいしかったので後日、「食べちゃお」ページに載せようと思っています。

今日もまた船酔いしたYUMIZO。船に乗ったのはもう10時間も前のことなのになぜかこうしてパソコンに向かっていると今も船に乗っているかのようにゆらゆら揺れている感覚が残っています。船酔い・・・克服できません(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.07

イーグルレイシティ

サイパン滞在3日目。
今日はダイビングです!

ダンナさまとバディを組んでのダイビング、嬉しい☆☆
午前中はボートで2本、午後、ビーチの計3本潜るということで、朝食は、船酔いが怖いYUMIZOは前夜に買っておいたハーブパンを1つ。ダンナさまはカツサンドを食べていました。朝から揚げ物、大丈夫か??(笑)

お世話になるショップはハファダイビーチホテルの1FのD-KIDS。ホテル内のショップなので集合時間がゆっくりなのが楽。今日、ファンダイビングに参加するのはYUMIZO達の他に、一人参加の男の人と女の人一人ずつで計4名。
午前中のポイントはアイスクリームとYUMIZOがリクエストしたイーグルレイシティということでした。
どちらもイーグルレイ(マダラトビエイ)が出るポイントですね。
まずはアイスクリームへ。船で20分ほどの移動です。いい天気で、潮風が気持ちいい!

20050307ice
さぁ、真っ青な海へとエントリー。ダンナさまも久しぶりのダイビングでしたが、プールでの練習の成果もあり、上手に潜れています。
エイが出現するポイントまで、通り過ぎる魚を眺めながら流れに逆らって砂地を這うようにして前に進みます。
ポイントに到着して見上げると水面の光を浴びながらゆっくりと移動するイーグルレイの影が! 1枚2枚・・・・。
合計14~15匹ぐらいいたと思います。ああ、気持ちいい!
モルディブでは透明度がいまいちだったので、サイパンに来てマリアナブルーの海でこうして大物をダンナさまに見せてあげられてよかった! 一緒に隣でこうして感動を共有できることが本当に幸せです。
10月にこのアイスクリームに来た時は、マダラトビエイ、見たものの、遠くて写真には写ってませんでした(泣) でも今回はばっちり撮影。↑改心の一枚です。
しばらく観察した後、ボート下に戻って付近のお魚観察タイム・・・・と思ったら、YUMIZOもダンナさまも残圧が50近くになっていました。ガイドさんの指示で他の2人&ガイドさんを残して、二人で先に浮上して5mで3分間の安全停止後、エグジットすることに。5m地点まで浮上して、まだ下にいる3人を見下ろしながら二人で停止しているその3分間が、なんというか、「ああ、信頼できるバディと潜っているんだな~」ってことを実感していました。

ボートに上がって、機材を置いたところで、YUMIZO恒例(泣)の船酔い。ん~~~上がるととたんに来るんだよね。今日も酔い止め飲んだし、朝ごはん少しだったし、ダンナさまと楽しく潜っているから大丈夫だと思ったのに・・・・ダメでした。その後、ボートはアイスクリームとイーグルレイシティのちょうど中間辺りの、ガラパン沖に停泊して水面急速。ハファダイビーチホテルの岸が見えるそこは、ショップがやっているシーウォーカーやシュノーケリングツアー、体験ダイビングのポイントです。船が止まった時に、不意にダンナさまが「ちょっと気持ち悪い~」と急に船酔い。YUMIZOの船酔いがうつったみたい(苦笑) YUMIZOも船が止まるとまた再発・・・・。でもガイドさんが「ここ、魚がいっぱいいるからよかったら泳いで来ていいですよ。」との一言で、気持ち悪さをこらえながらウェットを来てシュノーケリング&フィンで海に飛び込みました。
せっかくスキンダイビングの講習受けたんだから今こそ技を生かさないと!
これが不思議と、あんなに気持ち悪くてゲロゲロだったのに海に入っちゃうとぜんぜん平気なんですよね。
このポイント、10月に来た時は母と何10ドルか払ってつれてきてもらったのに今回はダイビングのついでにタダで泳げるんだからラッキー♪ と楽しみまくり。
うーん、でもウェイトしてなくてウェットスーツなので、うまく潜れません(泣) すぐ浮いちゃう。
だって自分の分のウェイトはタンク&BCDを着けることが前提の重さだからこれをつけてスキンをしたら沈んじゃうと思って、着けずに海に入っちゃったんだよね・・・・。急だったから仕方ないか。
でもでも、楽しい♪ 20分ほど、お魚と戯れました。

20050307eagle
そして再びボートで15分ほど移動。イーグルレイシティです。YUMIZO、4年ぶりです。でも不思議と覚えているものですね、地形を見ていて「ああ、ここだ~」と記憶がよみがえってきます。その時は3匹ぐらいしかいなかったのですが、今回は、すごい! すごい! すごい! たくさんいる。しかも近い! さっきのアイスクリームの光景も気持ちよかったけど、こっちはイーグルレイの1匹1匹の形や模様、小さな傷まではっきりわかるほどばっちり観察。
思わずデジカメの動画機能を回してしまいました! ん~かっくいい!(近日、YUMIZO水族館の中で公開しますのでお楽しみに)

2本が終わって、一旦ガラパンへ戻ります。
さて、お昼、どうしよう。本当はボビーキャデラックのピザを食べるつもりでしたが、船酔いしてしまった二人にはとても無理。と言うわけで、昨日、朝食を食べたウィンチェルズへ。おなかに優しく、スープだけをテイクアウトしてショップの庭のベンチでダラダラランチタイム。
午後のポイントはなんとグロット! ダンナさま初心者だし、連れて行ってもらえないだろうと思っていたのですが、もう一人の男の人のリクエストだそうで。サイパンの有名スポットに行けることは嬉しいんですが、船酔い後のフラフラの体であの階段を上り下りするのかと思うとちょっと怖かったり・・・・。
でも行ってみると大丈夫なもんですね。前回、死ぬような思いをした記憶があったのですが、行きも帰りも思ったより楽に感じました。
グロットは地形が本当に神秘的で感動します。
その上、外洋に出たところで、ギンガメアジの群れがすぐ近くに来たり、遠くにバラクーダの群れを発見したりと、見所満載。とっても楽しめました。

ダイビングの後は部屋に戻ってお昼寝したり、ベランダから海に沈む夕日を眺めたりとゆったり。
夕食はチャモロ料理を楽しんで、サイパンでの最後の夜を満喫しました。
20050307saipan

ただいま、写真&動画、整理中です。
そのうち水族館ページへの公開しますね~。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

2005.05.07 《追記》
サイパンでの水中写真や動画を公開しました。
ゆみ☆水族館の「サイパン」のページへどうぞ!
遊びに来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.01

もうすぐ出発!

今週末から3泊4日でサイパンに旅行します。
と言うわけで、ダイビングバッグに荷物を詰めました。
準備は8割がた完了! あとは当日まで体調を崩さないように・・・。
20050228divinbag

前回、サイパンに行ったのは去年の9月だから約半年振り。
行ったばっかりじゃん!! いやいや、亡き父の生まれ故郷なので、田舎に帰省という気分で(笑)
前回のサイパン旅行の時の水中写真は先日、「YUMI水族館」のページにアップしたばかりで、ご飯屋さんの方はまだ「食べちゃお」に載せてないんだよね(汗) 来週、新ネタを探してきたらまとめて載せます。

今回は初サイパンのダンナと一緒なので、基本に立ち返って観光ツアーにも参加してみようと思います。
それからマニャガハ島でシュノーケリングをして、ダイビングは1日だけ。
でもこの時期(冬場。常夏といっても微妙に季節があって風向きが違ったり気温が低めの28度ぐらいらしい。)に行くのは初めてなので、今までとはまた違った海に会えるかも★

ちょうど雑誌・ダイビングワールドの今月の特集にサイパンが載っていて、そこによると、今年、イーグルレイシティに現れるイーグルレイ(マダラトビエイ)の数がとっても多いのだそうで、これは期待! と思って、今回、お世話になるサービス・D-Kids(ブルーホライズン)さんに予約確認ついでに聞いてみたら、

 》 今年は、比較的イーグルレイは出ていると思います。
 》 タイミングですけどね。出来るだけ行けるように
 》 スケジュールを組んでおきます。
 

というお返事が!! やった~! 楽しみ。海況がよければ3本のうち1本がイーグルレイシティになりそうです。
YUMIZO、3年前に行った時にイーグルレイシティに潜ったのですが、その頃、アドバンスの講習で水中カメラを習った直後で、レンタルの簡単なフィルムカメラを持っての初ファンダイビングでした。それで、もう、とにかくめちゃくちゃ撮り捲ったのですね。そしたらダイビング1本目で24枚すべて撮り切ってしまって、イーグルレイシティでは1枚も撮影できませんでした(泣) せっかく大物を見れたのに~~。陸に戻ってすぐにショップの人にスーパーマーケットの連れて行ってもらって午後のダイビングの備えたのは言うまでもありません。
その教訓もあり、後日、愛用のデジカメ用のハウジングを手に入れたのでした。
やっぱり、デジカメはいっぱい撮れるのが嬉しいですね! それでも128MBのSDカードの時には3本目の前にメディアを交換していました。とりあえずバシバシとって、パソコンに取り込んでからゆっくり吟味するのです。
失敗作も多いのですが、それはそれでテクスチャ画像の素材に使えたりするのですよ。
今は512MBのSDカードを手に入れたので、1日、それで大丈夫です。で、ノートPCを連れて行くので、夜、お部屋でパソコン本体に取り込んでしまえば、翌日、またフォーマットしたカードで使えるという、非常に快適な環境♪

話が飛んでしまいましたが、3年前に撮り逃したマダラトビエイちゃんを今回、撮れるといいな~と願っております。
でも、違うポイントに行ったとしてもまたたくさんのお魚たちに会えますように!と今からとっても楽しみにしているのです★


◆   ◆   ◆   ◆   ◆

話は全く変わりますが、YUMIZO、もうひとつBLOGをスタートしました。
「パソらぼ」というページです。こちらはパソコン関連の話題オンリーです。ちょっとマニアックな話から、ExcelやWordの便利な使い方の紹介まで、いろいろ掲載していきますので、おひまな時に覗いてみてください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.12.12

スキンダイビングの講習に行ってきました

今日はプールでスキンダイビングの講習を受けてきました。

20041211minokasago
いつの日かドルフィンスイムツアーに行かれるように!
イルカはスクーバダイビングのエアの音に驚いてしまうので、通常スキンダイビング(素潜り)で泳ぐものなのです。

というか、YUMIZOがスキンダイビングの練習をしようと思った理由は・・・・。
リゾートに行った時、ダイビングをしないで海で遊びたい時や、帰る当日午前中の空き時間など(飛行機に乗る日はダイビング不可なので)に、シュノーケリングで上手に泳ぎたいなと思ったから。
いつもシュノーケリングセットで泳ぐ時って、水面に漂って水中を覗く感じになってたんです。
モルディブでナイトシュノーケリングのガイドをしてくれたインストラクターがジャックナイフでキレイに潜っていくのをみて「こんなふうにすーっと泳げるようになりたい!」と思ったのです。
ジャックナイフというのは、逆立ちのようなまっすぐ逆さまの姿勢で潜行する泳ぎ方。

というわけで、ダイビングプールに行ってきました。

もともと、水泳で息継ぎなしで25mプールでターンして計40mぐらいは泳げるので、素潜りでの息ごらえはなんとかなったんですが、耳抜きが大変でした。耳がピーーーっとなってしまうの。
耳抜きしようとすると息が苦しくなって深く潜らないうちに浮上したくなってしまう。
でも耳抜きしないと痛いし!
でも練習しているうちにだんだん、コツをつかんだみたいで、最後は気持ちよく泳げるようになりました。
すっごい疲れた。ダイビングよりハードです。
プールから上がったらしばらく汗だくでした。

これでイルカに一歩近づいたぞ!
あとは船酔い克服を何とかせねば・・・・。

* * *

写真は今日行ったお店の水槽にいたミノカサゴちゃん。
漁船の網にかかってケガしていたのを連れて来たのだそうです。
いつもはダイビング中に海の中で出会う魚を、こうして水槽で眺めるのも不思議な感じ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.01

サイパン速報2日目

20041001glotto.JPG
ダイビングして来ました。
今日潜ったポイントは、ウィングクレバス、スポットライトそしてグロット。
透明度25m。いいコンディションです。
今日のポイントは3箇所とも地形がダイナミックで見ごたえありでした。
グロットは外洋に出たらリーフの上にものすごい数のカスミチョウチョウウオ。
きれいで夢中になって写真を取りました。
20041001kasumi.JPG

サイパンはYUMIZOの父が生まれ育った島です。
スポットライトというポイントのすぐ上の陸はバンザイクリフ。
第二次大戦中、追い詰められた日本の民間人がここから「天皇万歳」と叫びながら自決したという悲しい歴史の眠る場所です。
その時、幼い父を連れた祖父母達が自決ではなく、生きる道を選んでいたからこそ、今、自分がこうして平和になったサイパンでここを潜っていられるのだと思うと、熱い思いが込み上げてきます。
グロットに向かう途中、道の両側に広がるジャングル。父達が逃げ場所を求めて彷徨ったというのはこの森の中なのだろうか・・・・。いろいろ思いを巡らせながら一人ジーンとしていました。

ちなみに今回も船酔いしてしまいました(泣)
なかなか克服できません。


明日も潜ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.07.14

逗子で潜ってきました

20040714suzumedai.jpg
↑ウミウチワを背にしたスズメダイ
暑くなってきたので、久しぶりにダイビングに行ってきました。
今回は逗子・オオタカ根。去年の11月以来です。
今日は天気もいいし波も穏やかで、いい感じでした。
マダイが群れていたり、ネンブツダイ、イサキ、アジなどが群れ・群れ・群れと圧巻でした。
20040714.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.02

そろそろ潜りに行きたい~

20040602kumanomi.jpg
海に行きたい季節になってきました。
海がYUMIZOを呼んでるーーーー。
実は1ヶ月ぐらい前から行こう行こうとタイミングを狙っているのですが、週末、天気が悪かったり、よさそうになったら風邪を引いて、2週間経っても治らない・・・と思うように行きません(泣)

まだ咳が出るのでダメかなぁ。
今週末は天気がいいみたいだから行きたいんだけどなーーーーーーーー。

とりあえず行きたい気持ちを込めて、石垣島で撮ったクマノミを載せてみました。
そういえば石垣島の写真、まだ「YUMI水族館」にアップしてないや。
画像、整理しなくちゃ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.05.02

サンシャイン水族館に行ってきました

連休なので、どこかに出かけなくちゃもったいない!
というわけで、池袋のサンシャイン国際水族館に行ってきました。(ホントは海に潜りに行きたいところだけどね)

20040501iruka.jpg

予想はしていましたが池袋はものすごい人・人・人。サンシャインにたどり着く前に人の波にもまれてすでに疲れ気味(苦笑) それでも子連れのファミリーに負けじと水槽の前に張り付いてじっくり眺めてきました。
いつも、博物館や動物園、水族館などに行くと閉館時間に追い立てられるまでじーーーっくりゆーーーーっくりだらだら眺めてしまうYUMIZO夫婦。今回もゆっくりみてたのですが、なんと今回はちょっと違います。
何が違うって、工事中で見られる水槽が少ない(ので料金が300円安い)というのもありましたが、ゴールデンウィーク期間中、なんと2時間延長されて18時~20時までナイトアクアリウムをやるというのです。
というわけで、午後から行ってもナイトの時間までまだまだ時間がある!
結局ナイトアクアリウムの時間を含めて、水族館を3周回ってしまいました(笑)
1日数回行われる餌付けタイムも3回見る始末。
おかげで解説おねーさんと餌付けおねーさんの仕込みネタもバレバレ。でも、楽しかったです。

20040501ei-akamatsukasa.jpg
     ↑アカマツカサたちの前を通り過ぎるホシエイ

ダイビングでをして、アドバンスの講習で「魚の見分け方」と「水中写真」を勉強してから2年。
たくさんの魚に出会い、アドバンスをやる前の、なんとなくガイドさんに聞きながらログ付けしていた頃と違い、その時自分で見た魚をカメラで撮って、帰ってから図鑑で名前を確かめることを繰り返したおかげでずいぶん、魚の名前を覚えたみたい。トイレに魚の名前ポスターを貼ったのもよかったのかな?
沖縄(亜熱帯)コーナーや東京湾、八丈島、小笠原島コーナーの魚はかなり判るようになっていました。
各水槽には写真と名前が書いてあるのですが、書いていない魚も入っています。そういうのがすらすら判るようになっていたことに自分でびっくり。うれしくなりました☆
ツユベラの水槽のところに行ったらよその子供たちが「あ、ニモだ~! こっちがマーリン」と叫んでいましたけど、カクレクマノミは別の水槽にいたりして(苦笑) 配色が似てるもんね。

大西洋のコーナーとかアマゾンとか、海外のコーナーはたくさんあるのに、インド洋は「モルディブの海」っていう小さな水槽しかなくてちょっと残念でした。色がきれいなニザダイのパウダーブルーサーションフィッシュあたりに会えるかと思ったのに、小物しかいなかった・・・・。

でもでも、一緒に潜ったモルディブを思い出し、「また一緒に潜りたい」という気持ちがふつふつ。
だんなさま・さーくんに沖縄の海を見せて上げたい!と思ったのでした。
がんばって7キロ痩せて約束果たして海に行かなくちゃ!
(痩せないと一緒に行ってくれないという約束なのです)


だいぶ疲れきった夕方6時。待ちに待ったナイトアクアリウムの時間です。
入り口で懐中電灯を貸してくれて、それで照らしながら、ライトの消された水槽を観察するのです。
どうやら淡水魚は暗くなるとさっさと寝るヤツが多いみたいで、いきなり動きが緩慢。
アジは真っ暗になっても忙しく回遊していて、ライトを当てると銀色に光ります。
チョウチョウウオ系は体色が変わって薄暗い色になるみたい。
逆に昼間はダラダラしていたのに夜になると元気になる夜行性のヤツも。
本来は昼間に動くはずのアザラシやラッコは、ずっとダラダラくせに、暗くなったらいきなり泳ぎだしたりして、水族館には夜更かしの不健康なヤツラもいるみたい(うちのダンナさまみたいだね)
貴重なすごく面白かったです。

YUMIZOたちは水族館を3周も回ったのでかなり疲れましたがオススメは、4時ごろに行って、明るいうちに1周、そしてナイトで1周で昼と夜を見比べるのがいちばん面白いと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)